販売のやり方

ハンドメイド販売でトラブルを防ぐために記載するべき注意事項

こんにちは。

ハンドメイドアクセサリー作家さんのための
WEBレッスン

アクセサリー教室calpiaの前田ユリです。

先日、アクセサリーの販売をしていて
不良品が出て、クレームにつながってしまったら
どのような対応をすればいいのか?
というテーマの記事を書きました。

不良品がでてクレームがついた時の対応方法こんにちは。 初心者さんのためのアクセサリー教室calpiaの 前田ユリです。 ハンドメイドの販売を始めた人の中には、 クレ...

でも、クレームやトラブルって、
不良品が出たときだけに
くるものではないのです。

自分の説明不足が原因で、
お客様に商品の事が伝わらず、
トラブルにつながってしまうこともあるのです。

特にアクセサリーはとても繊細。

しっかりと予め取り扱い方法や
注意事項について記載しておくことで
お客様とのトラブルを防ぐことができるのです。

これは、どんな販売方法をしていくにしても
必要なことだと思っています。

記載するべき注意事項①
アクセサリーは繊細であるということ

すぐに壊れてしまわないものを作ることは
販売をするにあたって
当たり前のことです。

でも、元々アクセサリーって
繊細なものですよね。

細いワイヤーを使ったり、
テグスを使ったりしているものもあります。

いくらあなたが丁寧に作っていても、
無理に引っ張ったり、
引っかかってしまったりすると、
壊れてしまうことがあります。

それはお客様の責任ですよね。

しかし、苦情が入ることもあるかもしれません。

自分を守る意味で、
アクセサリーは繊細であること

そして、無理に力を加えないでほしいこと
記載しておきましょう。

記載するべき注意事項②
アレルギーの方に向けて

アクセサリーに使っている金具は
金属アレルギー対応ですか?

違うのであれば、
必ず金属アレルギーの方に向けての
説明を入れておきましょう。

金属アレルギー対応の金具であっても、
完全に防げるかは個人差があるため、
そこについても触れておくとベストです。

金具の種類も書くと良いですね^^

記載するべき注意事項③
個体差があるパーツについて

自作でのハンドメイドパーツや、
天然石などの自然の形のものって、
完全に同じ形のものができるわけではありません

写真に写っている作品と
お届けする作品が一緒ではないことは
必ずお伝えしておくべきです・・・!

個体差があることも、
ひとつのハンドメイドならではの楽しみであり、
自然のものの特徴でもあります。

個体差をプラスに取ってもらえるように
伝え方も工夫しましょう。

記載するべき注意事項④
ネットショップならではのこと

これは、ネットショップに掲載するときに
気を付けるべきことですが・・・

お客様の見ている画面によって
若干の色の見え方に違いが出るということです。

モニターや、ブラウザの環境によって、
写真の色味を実物に寄せて設定しておいても、
見え方が変わってしまうことがあるのです。

「写真で見たのと違う色が届いた」
ということがないように
色の調節は必須ですが、
調整してでもカバーできない部分があることを
予めお伝えしておくことが必要です。

まとめ

お客様へ向けて、
予め商品について気を付けてほしいことや、
誤解を生まないために、
注意事項はとても大事なことです。

自分の作品や販売方法に合わせて、
どんなことを書いておけばいいのかな?
と考えてみてくださいね!

 

 

*********************************

お友達登録で、無料スライド動画をプレゼント!

無料動画講座のテーマは
「ハンドメイドの値段の付け方のヒント」です。

友だち追加
その他、アクセサリー作家を仕事にするために
役に立つ情報などをお届けします!